硬水と軟水について

水にはミネラルが豊富に含まれていますが、そのミネラルの含有量によって水の呼ばれ方が異なるのはご存知でしょうか。

よくミネラルウォーターに書かれている、軟水や硬水といった表記がそれに当たります。プレミアムウォーター 紹介

軟水・硬水というのは、水に含まれているカルシウムとマグネシウムの量が基準よりも多い、少ない、ということによって分類されており、少ないものが軟水、多いものが硬水とされています。

水は降った雨が地面に染みこんで、地下水として湧き出たり、川に流れ込むものですが、この過程でミネラル分が多く解け出すと硬水になり、少なめだと軟水になるようです。

日本は基本的に軟水が多く、水道水も軟水であるため、軟水に慣れ親しんでいる人が多く、硬水を飲むとまずく感じたりお腹をくだしてしまう人もいるようです。

反面、西洋では基本的には硬水が一般的であり、コーヒーや紅茶といった文化は硬水の土地で発達したものなので、日本でもコーヒーや紅茶を美味しく飲むためには硬水を使うのが良い、と言われることもあるようです。

硬水はミネラルが豊富な水ですが、身体に必要なぶんを取るには数十リットル飲む必要もあり現実的ではないため、ミネラルは食事で補うのが良いとも言われています。