ウォーターサーバーのボトルは使い捨てタイプと回収タイプがある

オススメのバナジウム ウォーターサーバーはこちら。

ウォーターサーバーのボトルは使い捨てタイプと回収タイプがあるというのをご存知ですか。

ウォーターサーバーを導入する際にチェック項目は、「サーバーレンタル費用」、「電気代」、「水の料金」、「メンテナンス代」、「解約費用」等があります。

それに加えてウォーターサーバーのボトルは使い捨てタイプと回収タイプのどちらにするかもチェックしておきたい重要な項目です。

ウォーターサーバーのボトルは使い捨てタイプのワンウェイ方式と再利用のリターナブル(ツーウェイ)の回収タイプの2種類があります。

使い捨てタイプの場合は、宅配でお水を受け取って、自分で不要になったボトルをゴミに出すという感じです。

ウォーターサーバーのボトルって大きいので、ゴミも大きそうだなと思う方もいるでしょうが、小さくコンパクトにたたんで捨てることが可能です。

使い捨てタイプの業者の場合は、メンテナンスは実費で必要なときに依頼するケースが多いようです。

回収タイプの場合は、自分でゴミに捨てなくても、業者の方が回収して持っていってくれるという便利さもあります。